お肉は太らない。白米・炭水化物は太る。炭水化物抜きダイエットも太る

お肉より白いご飯の方が太る


お肉は見るからにダイエットの天敵というイメージですが、お肉を食べても太りません。太るのは白米や甘いものですね。つまり糖質が肥満の原因となります。


人間は血糖値が上がった状態に物を食べると脂肪が蓄積されやすくなり、血糖値が下がった状態で運動すると脂肪が燃焼しやすくなります。ですから血糖値が上がりやすい食べ物をお腹が空いている時に食べると、脂肪が増えやすくなるというわけです。


お肉は太りそうな食べ物ですが、お肉というのはタンパク質がほとんどで、後は脂肪なので血糖値の急激な増加はありません。一方、白いご飯は炭水化物で、ほとんどが糖質に変わるので、お腹が空いてる時に白いご飯を食べると一気に血糖値が上がります。そして脂肪がつきやすくなってしまうわけです。


ですからダイエット中だからと言って、おにぎりやうどんばかり食べて、お肉をさけている人が多いのですが、これはダイエットがスムーズに進んでいるように見えて実は逆に太る食べ方だったりします。


お肉を食べないと、タンパク質を始めとした栄養素が不足してしまい、全身の代謝がダウンします。代謝が下がれば消費カロリーの量も減少しますので痩せにくい体質になってしまうわけです。

ですからダイエットを志す場合、まず最初にしなければならない事は炭水化物を少なめにするということです。白いご飯を食べれば食べるほど太ります。これは私の経験上からも間違いないですね。逆に白いご飯の摂取量を減らせば確実に痩せます。


ただし炭水化物を全くとらないということになると、今度は便秘になってダイエットの邪魔をすることになりますので、バランスよくカロリーを下げることが必要です。これについてはまた後日詳しく書きたいと思います。

ダイエットに効果的なサプリメント

簡単ダイエットにサプリは必須です。

ちなみに私が使って、一番痩せたダイエットサプリは、やはり、
ファイブデイズプレミアムダイエットです。

その他、ダイエットに効果の高い商品ランキングはこちら
  ↓
▼おすすめのダイエットサプリはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ
QLOOKアクセス解析