食べ過ぎた翌日の食事でダイエットの成否が決まる。ドカ食いしても大丈夫

食べ過ぎた翌日の食事でダイエットの成否が決まる


ダイエットは長期間にわたる作業です。ですから時にはストレスが溜まっている時などは、ドカ食いしてしまうこともあるでしょう。

多くの人が、ダイエットのストレスでドカ食いし、もう食べちゃったからどうでもいいや!と言ってダイエット自体を諦めてしまう人が多いです。ですが、その日に食べ過ぎてしまってもダイエットにはほとんど影響ないということをご存じですか?


ダイエットというのは、長期的な視野で行うものであり、たった1日食べ過ぎたぐらいではダイエットは失敗しません。ではついつい食べ過ぎてしまった日の翌日は、どのように食事を構成すればいいでしょうか?


簡単に言えばダイエットというのは、 1週間単位、 1ヶ月単位での合計カロリーでその成否が決まります。

つまり昨日食べ過ぎてしまっても、今日食べなければ全然大丈夫なわけです。ただ、ドカ食いからの翌日絶食というのは、体に負担がかかるので、もっと長期的にナチュラルにカロリーをコントロールすることが望ましいですね。


要は、 1週間で摂取するカロリー量を決めておいて、それを守れば良いわけです。ですから昨日食べ過ぎたなら、残りの6日間で少しずつ摂取カロリーを減らして、 1週間で摂取するカロリーをいつも通りに調整すればよい。これができれば好きなものを食べながらダイエットをすることが可能です。


多いのが、昨日食べ過ぎちゃったから、今日は運動しなきゃ!というパターンですね。確かに運動によってカロリーを消費させようというアイデアは間違ってはいませんが、運動で消費されるカロリー量というのは、思っているよりもはるかに少ないのです。


1時間も2時間もウォーキングしても、消費されるカロリーは、ご飯1杯分だったりします。ですから運動でカロリーを消費させるというのは効率が悪いダイエット方法になります。


とにかく重要なのは、 1週間単位での摂取カロリー量を守ること。1日ぐらい食べ過ぎても大丈夫です。残りの6日間で調整すればokなわけです。一日食べ過ぎてしまうと、そこで自己嫌悪になって、ダイエット自体を諦めてしまう方も多いのですが、ダイエットは、もっと長い目でみるものです。

そしてダイエットは、長い目で見れば見るほど、簡単だということがわかるでしょう。

ダイエットに効果的なサプリメント

簡単ダイエットにサプリは必須です。

ちなみに私が使って、一番痩せたダイエットサプリは、やはり、
ファイブデイズプレミアムダイエットです。

その他、ダイエットに効果の高い商品ランキングはこちら
  ↓
▼おすすめのダイエットサプリはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ
QLOOKアクセス解析