食べてないのに太る?水を飲んでも太る?ダイエット停滞期の罠

食べていないのに太る?


よく、ダイエットで苦戦している人には、食べてもいないのになぜか太る!
という人が意外と多くいらっしゃいます。
こんなにお腹を空かせているのに、なぜか体重が増えてしまうということですね。もしくは水を飲んだだけなのに太る、とかですね。


実際のところ食べてもいないのに太るということがあるのでしょうか?
これに関しては、長期的には絶対にないと言えます。
食べていないのに太るというのは、ガソリンを入れていないのに車が走ると言っているようなものです。


頑張ってもなかなか体重が落ちない人にはちょっと頭の痛いメッセージかもしれませんが、長期的には食べなければ必ず痩せます。というか痩せてしまいます。


ただ短期的には、食べていないのに体重が落ちないということはよくあります。
これは停滞期と言う時期ですね。

つまり、体に入ってくるカロリーが急に少なくなると、体は食料がないと判断して非常事態警報を発令し、体重が減らないように、全身の基礎代謝を下げるわけですね。


ですので、この停滞期に突入すると一時的に体重が減らなくなります。これは人体の防衛反応であり正しい体の反応なんですね。


なのでこの時期に突入すると、食べていないのに体重が減らないということになり、パニックになって動揺し、ダイエットをあきらめてリバウンドする、というパターンになるわけですね。



ダイエットを目指すなら、この停滞期が必ず訪れるものと認識し、あせらずダイエットをコツコツと続けることが重要です。

停滞期はダイエットをコツコツ続けていると抜け出すことができます。また体重が減り始めるということですね。

ダイエットに効果的なサプリメント

簡単ダイエットにサプリは必須です。

ちなみに私が使って、一番痩せたダイエットサプリは、やはり、
ファイブデイズプレミアムダイエットです。

その他、ダイエットに効果の高い商品ランキングはこちら
  ↓
▼おすすめのダイエットサプリはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ
QLOOKアクセス解析