ストレスと肥満の関係~イライラすると食欲が増す。太る

本日は、ストレスと肥満の関係についてです。

ストレスを強く感じている人ほど太りやすいというデータがあります。これは有名なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

ストレス食いとかありますよね。これはストレスを感じている状態は体にとって負担が大きいので、そのストレスによって交感神経優位になっている状態を、食べることによって副交感神経優位の状態にも戻してリラックスさせようという人体の素晴らしい働きです。


ここまでは素晴らしいのですが常にストレスを受けてる状態が続くと、常に何かを食べたくなってしまうということになるわけですね。


ですから食欲が止まらないという人は、日常的にストレスを強く感じている場合が多いと言えます。
逆に日常ゆったりと過ごしてあまりストレスを感じていない人は、それほど強烈な強烈な食欲は感じていない場合が多いです。



このように、食欲というのは気合や根性で止めるものではなく、その人のストレスの状態や体調によって自然と増えたり減ったりするわけですね。気合で食欲を止めるのは逆にストレスになり、そのストレスを消そうとしてさらに食欲が増すという最悪の悪循環に突入してしまうわけです。


ですからどうしても食べたい!というときは食べた方が良い場合もあります。そのストレスをほかのことで発散できないなら食べるしかないからですね。
でもダイエットを成功させたいのであれば、食べることによるストレス解消は避けなければなりません。


ストレス解消方法を自分なりにしっかり持っている人は、ダイエットの成功率が高まります。
ストレスによって食欲が増加しているということを意識して、ストレス管理に努めてみましょう。

ダイエットに効果的なサプリメント

簡単ダイエットにサプリは必須です。

ちなみに私が使って、一番痩せたダイエットサプリは、やはり、
ファイブデイズプレミアムダイエットです。

その他、ダイエットに効果の高い商品ランキングはこちら
  ↓
▼おすすめのダイエットサプリはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ
QLOOKアクセス解析