高血糖は痩せにくく、低血糖は痩せやすい~脂肪燃焼の仕組み

さて数回にわたって、血中の栄養と脂肪燃焼、について書いてきましたがそろそろ締めましょう。


まとめると、

「高血糖の状態だと痩せにくく、低血糖の状態だと痩せやすい」

ということになります。


ものすごくシンプルに書いているので多少の語弊があるかもしれませんが、わかりやすく書くとそういうことになります。

そもそも炭水化物を食べた後に脂っこいお肉を食べると太るというのは、
炭水化物は糖なので、血糖値が上がった状態のところに脂肪を摂取すると思いっきり吸収されてしまうと言うことになるわけですね。


またお腹がいっぱいの時というのは高血糖の状態なので、痩せにくい状態なわけです。

この状態の時に、どんなにハードに動き回っても、どんなにサウナや半身浴で汗を出しまくっても、脂肪を燃焼しにくい状態であるというわけです。


確かに汗が出て水分が出るので、一見すると体重が減って痩せたように見えますが、それは水分が抜けただけで
脂肪はなんら燃焼していないということになるわけです。



血液中の糖の有無によって、体脂肪の燃え方は大きく変わってきます。

血液中の糖というのは、言い換えると血糖値といってもいいかと思います。


血糖値が上がっている状態は痩せにくい。血糖値が下がってくると体脂肪燃焼しやすい状態になる。という感じです。


ですからどんなダイエットサプリメントを使う場合でも、部分痩せクリームを使う場合でも、
血糖値が下がっている状態で部分やせクリームを塗ったり、運動したり半身浴したりするのがダイエット効果は高くなるということになります。

ダイエットのための運動やお風呂は、お腹が空いてる時にするようにしましょう。

そのほうが、はるかにダイエット効果は高くなります。

つまり、簡単にダイエットできるわけですね。

ダイエットに効果的なサプリメント

簡単ダイエットにサプリは必須です。

ちなみに私が使って、一番痩せたダイエットサプリは、やはり、
ファイブデイズプレミアムダイエットです。

その他、ダイエットに効果の高い商品ランキングはこちら
  ↓
▼おすすめのダイエットサプリはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ
QLOOKアクセス解析